インフォメーション

2019-07-18 07:01:00

トップページ見出.jpg

 

手話秋田普及センターでは、見えない・見えにくい障害をテーマに「見えない障害を考える講演会」を2回企画しています。

 

「一般財団法人 秋田県教育関連職員互助会助成事業」です。

 

2回の講演会を通じて、「見えない障がい者・児」との「関わり方」「気持ち」「コミュニケーション」等を講師を交えて、参加者の皆さんと一緒に考える機会にしたいと思っています。

 

第1回は日向大吾、日向まどか様をお招きして2019年7月7日に開催しました。

 

第2回目は9月1日、松﨑丈様(宮城教育大学准教授)を宮城県からお招きして開催します。

 

また広く知っていただくため、開催後に講演内容とコラムをまとめた冊子を作成し、秋田県内の小中学校等に無料配布(12月予定)します。

 

~以下、開催要項です~

 

★開催日時:9月1日(日)10:00~12:30

 

★開催場所:秋田拠点センターアルヴェ2F多目的ホールB

      (〒010-8506 秋田市東通仲町4-1)

 

★定  員:50名(先着順/お申込要)

 

★講  師:松﨑 丈様(ろう者。宮城教育大学准教授)

 

(講師プロフィール)

 研究は、家族中心アプローチによる早期支援、聴覚障害児・者への合理的配慮、学校コンサルテーションによる教員育成、ろう重複障害児・者(主に発達障害、知的障害、肢体不自由)のことば・コミュニケーションに関わる諸問題と教育的対応に関する実践研究、聴覚障害当事者研究など多岐にわたる。

全国で講演多数。

 

9月1日 見えない障害を考える講演会HP.jpg

 

入場は無料ですが、先着50名で事前お申込みが必要です。

 

*左サイドの[お問合わせ・ご注文]から、お名前と連絡先をご記入の上、本文に「9月1日参加希望」と入力し送信してください。

 

手話通訳や要約筆記が必要な方は見えやすい席にご案内しますので、その旨もお書きください。

 

お申込み、お待ちしております!(^^)!

 

 

関連記事.jpg

 

2019-07-11/  第1回「見えない障害を考える講演会」を開催しました♪

 

2018-12-29/  松﨑丈先生のFB(2018/3/21)私の声はヘンだ、という話

 

2018-12-29/  松﨑丈先生のFB(2018/7/28)「困っている」ことの意味。

 

2019-07-18 07:00:00

第9回「かがやきの丘祭り」が7月20日(土)に開催されます。以下、秋田県立聴覚支援学校HPからの転載です。

 

--------------

 

7月20日(土)、秋田総合支援エリア「かがやきの丘」の秋田県立視覚支援学校、聴覚支援学校、秋田きらり支援学校、秋田県立医療療育センター主催の「第9回かがやきの丘祭り」を開催します。楽しいステージや出店を準備して、皆様のご来場をお待ちしています。

 

日 時:令和元年7月20日(土)15時30分から18時まで

 

会 場:あきた総合支援エリアかがやきの丘 南側駐車場

 

※雨天等による中止の場合は、当日の正午に学校ホームページにてお知らせします。

 

第9回 かがやきの丘祭り-1.jpg

 

第9回 かがやきの丘祭り-2.jpg

 

--------------

 

2019-07-17 13:00:00

秋田県主催で初心者向けの手話教室が、8月8日に仙北地域振興局福祉環境部(大仙保健所)2階 会議室で開催されます。

 

年齢・性別は問わず、秋田県内にお住まいの方ならどなたでも参加できます。参加費は無料ですが、事前にお申込みが必要です。

 

詳細につきましては、チラシをご覧ください。

 

2019年8月 大仙会場ー表.jpg

 

2019年8月 大仙会場ー裏.jpg

 

PDFファイルはこちらから↓

 

pdf 2019年8月 秋田県主催/手話教室 大仙会場.pdf (0.53MB)

 

 

 *お問合せ・お申込みは「仙北地域振興局 福祉環境部 企画福祉課」まで、お願いします。

 

2019-07-15 22:00:00

薬師寺みちよ先生は手話や聴覚障害にもっとも理解があり、国会内外でも大活躍されている参議院議員です。

 

聴覚障がい児・者の多くは電話が出来ません。

 

そこで薬師寺先生は「電話リレーサービス」の公的サービス化に積極的に取り組まれ、国会でもその必要性を訴えてくださいました。

 

嬉しいご報告がありましたので、薬師寺みちよ参議院議員のFacebook(2019/6/28)から以下、転載してご紹介します。

 

薬師寺みちよ参議院議員のFBより 演説付.jpg

 

嬉しいニュースが飛び込んでまいりました!

 

総務省と厚生労働省の有識者検討会は、聴覚障害者がインターネットを使い手話や文字入力で電話できる「電話リレーサービス」について、国に公共インフラとして整備を求める方針を決めました。

 

毎日新聞

 

https://mainichi.jp/articles/20190628/ddm/012/040/028000c

 

中日新聞

 

https://www.chunichi.co.jp/…/f…/list/CK2019062702000301.html

 

予算委員会、厚労委員会はじめ様々な機会に電話リレーサービスを取り上げ、各省庁とも交渉を続けてきた私にとって、本当の意味で肩の荷が下りました。

 

ここまできたらもう大丈夫です。

 

聴覚に障害があると電話が出来ない。

 

そのことにさえ気づかない聴者は多いのです。

 

連絡先に電話番号しか記入されていないレストラン、ショップ、そして銀行など金融機関の本人確認・・・

 

どれだけのご不便を感じていらっしゃったことでしょう。

 

これからは聴覚に障害があっても電話を便利に使用して頂ける社会になってくるはずです。

 

予算委員会で、総理が公共インフラとして整備する様にと総務省に指示していただいて7か月。

 

想定していたこととほぼ同等の出口を見出してくださいました。

 

しかし、緊急通報は今後の課題として残されております。

 

ここまでの道のりは長かった・・・

 

今回の制度化は日本財団、ろうあ連盟、研究者はじめ関係者の皆様の熱意が国を動かしました。

 

電話リレーサービスが公的サービスとして本格的に開始するまでに、私も国会に戻らねばなりません。

 

政治を諦めない!まだまだ課題は山積です。

 

政府が皆様のお困りごとを我がことと捉えるその日まで頑張るぞ~!

 

 

8-29 電話リレーサービスの制度化.jpg

(H30/8/29 電話リレーサービスの制度化を考えるシンポジウムより)

 

 

関連記事.jpg

 

2018-11-25/  薬師寺みちよ参議院議員のFBより(1/16)電話リレーサービスが特集されます♪

 

2018-12-29/  薬師寺みちよ参議院議員のFBより/2018年電話リレーサービス普及推進

 

2019-07-14 09:30:00

女性セミナー「ゆうわ」.jpg

 

2019年7月8日、秋田市の雄和市民サービスセンターで、女性セミナー「ゆうわ」の講師をさせていただきました。

 

演題は「手話がどこでも見られる社会を目指して」

 

娘の耳が聞こえていないと分かった時からどんなことを思ってきたのか、が、手話秋田普及センターの設立につながりました。

 

普及センターでどのような活動をして、そしてなぜ「手話がどこでも見られる社会」にしたいのかをお話しさせていただきました。

 

私自身もこれまでの子育てや事業活動を振り返り、その多くは反省点ばかりですが(^-^; 、、改めて発信させていただく機会となり、お声がけをいただいことに感謝申し上げます。

 

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

女性セミナー「ゆうわ」-講演.jpg

 

雄和市民サービスセンター.jpg

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...