インフォメーション

2018-11-12 23:00:00

写真で手話の普及活動をされている京都府在住の栗田一歩様が写真展【COLORS】を終えての感想をFacebookにUPされました。

 

写真やイラストは手話の動作を「ある一点」で表現するため、手話を知らない方に「どう見せるかが課題になる」ということを改めて考えさせられました。

 

また「叱咤激励(褒められて伸びるタイプですのでできたら激励の方)」は私も同じです(*^_^*)

 

以下、栗田一歩様のFacebook(11/11)から転載してご紹介します。

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

写真展【COLORS】は10月31日で、無事期間を終えることができました。

 

ご来場いただいた皆さま、そして色々な形で応援、ご支援いただいた皆さまにも改めて感謝申し上げます。

 

今回は普段取り組んでいる手話をモチーフにした作品を「どう見せるか」を考え展示する写真を選び、レイアウトを考えました。

 

そういう経緯もあってかご来場いただいた皆さまとお話させていただく中で「さらに良くするため」に、手話関係の方、そして手話を知らない方の両方の立場から様々なご意見をいただくことができました。

 

手話を「知っている」人間として(究めているというレベルではありませんが)どうしても「手話を知らない方」の目線を忘れてしまうこともあるので、貴重なご意見をたくさんいただけたことは本当にありがたく感じております。

 

今後は現在のテーマはさらに深化させつつ、新しいチャレンジもできたらと考えております。今後ともこんな僕ではありますが、叱咤激励(褒められて伸びるタイプですのでできたら激励の方)いただけると幸いです。

 

改めまして、今度ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

COLORS個展 ありがとう.jpg

 

ーーーーーーーーーーーーー

(画像提供:栗田一歩様)

 

<9月25日の紹介記事>

 

栗田一歩様の写真展が10月6日~10月31日に京都市の「全国手話研修センター コミュニティ嵯峨野」で開催されます。

 

栗田様は京都府の手話通訳登録者で、手話を写真で広めようと「Sign Lab.」というサイトから発信されています。

 

とても素敵な作品ばかりで、当センターでも春の”sakura"、夏の"feel"、そして秋の"yellow"をトップページ等で使わせていただいております。

 

以下、Sign Lab.Facebookから9/23の投稿を転載してご紹介しますので、ぜひご覧ください。

 

ーーーーーーーーーーーーー

 

本日9月23日は「手話言語の国際デー」です。

今後も「手話」や「聞こえないこと」を知っていただけるように、手話も写真も技術を磨いていきたいと思っています。

 

そして写真展のご案内です。

昨年に引き続き、全国手話研修センター様のご厚意により、写真展をさせていただくこととなりました。

今年は手話の作品を中心にしつつ「色」をテーマにした展示をいたします。嵐山観光のついでにでも寄っていただけたら幸いです。

栗田一歩写真展【COLORS】

10/6(土)〜10/31(水)

10:00〜19:00(最終日は16:00まで)

全国手話研修センター コミュニティ嵯峨野

ホテルビナリオ嵯峨嵐山(同じ建物です)

1Fギャラリースペース

人にはそれぞれ、

色があるという。

でもすべての色は、

あいまいで、

まざりあって、

つながっている。

そんな感じの写真展。

 

2018写真展 COLORS.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーー

(Special thanks 栗田一歩様)

 

 

関連記事.jpg

 

2018-09-10/  Sign Lab. 栗田一歩様の作品 "Yellow" のご紹介

 

2018-11-06 10:00:00

秋田県聴覚障害者支援センター様では、『ミミ サロン』を開催しています。

 

次の開催日時は11月22日(木)13:30~15:00「お豆腐を使ったヘルシーお菓子♪ 白玉団子とドーナッツを作ろう!!」です。

 

参加には事前に申し込みが必要で、締め切りは11月12日(月)です。

 

ミミサロン H30年11月.jpg

 

「ミミ サロン」の詳細、お問合わせ、お申込み等につきましては、秋田県聴覚障害者支援センター様へお願いします。

 

秋田県聴覚障害者支援センター.jpg

 

2018-11-05 21:00:00

「宮沢勝之後援会秋田支部」様主催で、シンガーソングライターの宮沢勝之さんのコンサートが秋田市で開催されますので、ご案内申し上げます。

 

宮沢勝之さんは「陽気に生きよう人生をさ」「世界中がアイ・ラブ・ユー」のヒット曲で知られ、いのちの尊さ平和への願いを込めて人々の暮らしの中の物語を歌い続けられています。

 

秋田でも、2006年~13年間で22回に及ぶコンサートを開催されています。

 

開催日時:11月11日(日)12:30(開場)13:00(開演)

 

開催場所:あきた総合支援エリア かがやきの丘 大体育館

     (秋田市南ヶ丘1丁目1番1号)

 

情報保障:手話通訳者が2名つきます。

 

入場料は無料です。(実費確保のため募金にご協力をお願いします。)

 

宮沢勝之コンサートVol.13.jpg

 

2018-10-30 22:30:00

志方弥公様は兵庫県在住のろう者でプロの壁画家です。

 

絵本「きせきのいのち」の配布や北都銀行様で開催しているロビー展等でお世話になっています。

 

12月1日~12月10日、「志方弥公展~光を追い求めて~」が神戸市で開催されことになりました。色彩豊かな志方様の作品を、ぜひ、ご鑑賞ください♪

 

光を追い求めて~裏面.jpg 

 

光を追い求めて~表面.jpg

 

 

関連記事.jpg

 

志方弥公様の絵本「きせきのいのち」のご紹介です♪

 

2018-03-17/  ギャラリー杉様「花暦展」で志方弥公様の作品が出品されました♪

 

2018-10-28 10:00:00

日向大吾様は山形県鶴岡市在住の酒田特別支援学校教諭でろう者です。

 

パラアスリートとしてもご活躍されていて、先日の「福井しあわせ元気大会」で水泳の2部門で金メダルに輝きました。

 

そして鶴岡市役所前にお名前が掲示されました。

 

でもそれは鶴岡市では「前例」のないことだったのです。なので「前例」を作ったことになり、後に続くパラアスリートへの励みにもなります!(^^)!

 

日向様がFacebookに投稿されていたパラアスリートとしての思いが、とても素敵で感動したのでご紹介します。

 

以下、日向大吾様のFacebook/10月26日の投稿からの転載です。

 

============

 

私本人よりも先に妻が、私をタグ付けして投稿したので、 もう既に皆さんの知るところとなっているのですが、 改めて私から感謝を込めて報告。少々長くなりますが、どうかご容赦を。

 

市役所の前に名前が掲示されたという情報をいただき、 帰ってきてから妻と一緒に見に行ってきました。

 

福井大会 鶴岡市役所前掲示-1.jpg

 

一般の国体の入賞者の掲示と並んで、 パラ国体の入賞者の掲示が。 パラアスリートの名前の掲示は、初めてのこと。

 

ここ5年間、毎年様々なパラ水泳の大会に出場してきました。

 

全国大会は、ジャパンパラ、パラ日本選手権、パラ国体、日本ろう者大会の4つ。また、これらの全国大会に出場するために県大会や東北大会を経て。

 

自分の生き甲斐として取り組んでいる水泳なので、初めは評価など全く気にしていませんでした。それでも、全国大会での金が評価され、3年連続で県のスポーツ賞を受賞した時は、身に余る光栄で素直に嬉しく思いました。

 

特に昨年度は、3つの全国大会で金を獲得したことが評価され、冬季オリンピックに出場した加藤条治選手たちと同列に、 「大賞」の次のランクの「栄光賞」という誉れを頂きました。

 

ですが、他のデフアスリート、パラアスリート達から「自分は市からも受賞した。鶴岡でも受賞したでしょ?」と訊かれたりすることがあったりして、 私の中に疑問が生まれてきました。

 

よくよく聞いたり調べたりしてみると、 パラアスリートを評価の対象外としているのは、県内ではどうやら鶴岡市だけのようなのでした。

 

障害のないアスリートたちは、 全国大会や国際大会で入賞すると市役所前に名前が掲示されたり、 全国大会のみならず東北大会で優勝以上だと、年度末の市の体育賞を受賞したり。

 

でも、パラアスリートは対象外でした。

 

県ではそれぞれの分野での活躍を同じ土俵の上で評価しているし、他の市町村も同様なのに、 鶴岡市だけはなぜか、パラアスリートを評価しない、認めないという姿勢が感じられ、 受賞を目的に取り組んでいるわけではないにしても、その姿勢は正直悲しく感じました。

 

以前に、他のパラアスリートの保護者や学校から要望したこともあると伝え聞きました。それでも、何も変わらなかったと。 この状況を変える一助になりたい…。

 

ただ、自分本人が直接声を届けるのはあまりにもおこがましいし、自分にそんな度胸はないので…、 まずは自分が積極的に様々な大会に出場して、 このFacebookでその報告を投稿することで、 鶴岡市にもパラアスリートがいるんだということを知ってもらうように努めました。

 

 また自慢話をしてると飽きられてしまっているかもしれませんが、それでもしつこく毎回…(笑)。

 

そしたら、このFacebookの繋がりの繋がりを経て、昨年誕生した新市長に声が届いたようなのです。

 

その後、新市長が「パラアスリートが評価されていないとは知らなかった。それは行政の責任です。」と仰っていたと、伝え聞きました。 少しずつパラアスリートへの目が変わってくるといいなと思っていた矢先の、 先日の市長からのお祝い電報と、今回の掲示。

 

自分にできることしかできなかったけど、 やってきたことは全く無駄ではなかったんだ…。仕事柄、今度から「障害があるなしにかかわらず、頑張れば評価される、認めてもらえるんだ」と子どもたちに堂々と言えることが、 何よりも一番嬉しい…。

 

もう私はロートルスイマーだけど、それでも寄る年波に逆らって頑張ってきたことが報われました。

 

何年もかかったけど、 パラアスリートが日の目を見る第一歩になれたかな…。 後に続くパラアスリートたちに道筋をつけることができたかな…。

 

今回のことも含め、鶴岡市がより「全ての市民」に優しく温かい市になりますように…。 そう願ってやみません。

 

改めて、応援してくださる方々、支えてくださる方々に、 心から感謝いたしますm(._.)m

 

福井大会 鶴岡市役所前掲示-2.jpg

 

==============

(Special thanks 日向大吾様)

 

 

関連記事.jpg

 

2018-04-26/  山形県鶴岡市の"Shere Cafe 大きな木"に行ってきました♪

 

2018-07-02/  日向大吾様のFBより「チャリティコンサートを終えて」より

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...