インフォメーション

2018-12-31 20:00:00

2019年手話カレンダーを作製.jpg

 

平成30年11月下旬、2019年手話カレンダーが完成しました♪

 

2019年版は1,300部を作製して昨年同様、秋田市の医療機関や秋田県内の小中学校・特別支援学校や図書館、行政機関などに無料配布しました。

 

手話が身近な社会になるように、掲示依頼があったときは、ぜひ、ご協力をお願い申し上げます。

 

2019年板手話カレンダー.jpg

 

この手話カレンダーは多くの人に見ていただけるよう無料配布を目的に作製していますので、販売はしておりません。趣旨をご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

 

平成29年度秋田県バリアフリー推進賞受賞.jpg

 

平成30年3月、手話を身近な社会にするために取り組んできた手話カレンダーの無料配布事業が、「平成29年度秋田県バリアフリー推進賞【活動部門】」に選定されました♪

 

バリアフリー 表彰事例集.jpg

 

表彰事例集より抜粋.jpg

 

3年間続けて手話カレンダーを作製し、医療機関や教育機関、行政機関、図書館などに無料配布してきたことを評価していただけました。とくに「聞こえのバリアフリー」への取り組みとして表彰を受けるのはとても光栄です。

 

昨年開催した「手話の活用を考える講習会&ワークショップ」でも少し触れましたが、私は「バリアフリー」という言葉にはこだわりがありました。

 

「聞こえる人と聞こえない人の間には目には見えないけれど大きな壁があって、その壁を壊したい」という思いが強くあります。

 

そのためにはハード面のバリアフリーだけではなく、相手に伝えたい・通じ合いたいという気持ちが大事なんだと思っています。

 

手話は言語であり大切なコミュニケーション手段です。このバリアフリー推進賞の受賞が広く発信の機会になってくれれば嬉しいです。

 

バリアフリー推進賞 表彰.jpg

 

表彰式は3月22日、秋田県庁3Fの第一応接室で開催され、中島副知事から賞状と記念品をいただきました。

 

バリアフリー 集合写真.jpg

 

平成29年度は当センターも含めて7団体が受賞され、集合写真を撮りました。

 

堀井副知事と.jpg

 

せっかくの機会ですので中島副知事と記念写真を撮りました。

 

”継続こそが力”だと思っていますので、今後も手話カレンダー事業を続けていくことで「聞こえのバリアフリー」や手話への理解につなげていきたいと思っています。

 

<平成29年度秋田県バリアフリー推進賞表彰事例集>

 

バリアフリー 表彰事例集-P1.jpg

 

バリアフリー 表彰事例集-P2.jpg

 

pdfはこちらpdf 平成29年度秋田県バリアフリー推進賞表彰事例集.pdf (1.8MB)

 

 

関連記事.jpg

 

手話を身近に 手話カレンダーを作製しました♪

 

2018-12-31 19:00:00

手話秋田普及センターでは、2016年7月より「手話でありがとう」のイラストがプリントされている「手話サブレ」を販売しています。

 

製造元は「秋田菓子宗家 かおる堂」様です。

 

手話サブレ ありがとう(白).jpg

 

2018年4月にはデザインを「おめでとう」に変えて、期間限定販売をしました。以下は2018年春の記事からです。

 

手話で「おめでとう」を伝えたい!(^^)!.jpg

 

春ですね♪ そこで新作、手話サブレ「おめでとう」を作ってみました。秋田菓子宗家かおる堂様の「かおるサブレ」に私が描いたイラスト「手話でおめでとう」をプリントしています。

 

サブレ+おめでとう⇒手話サブレ.jpg

 

この春限定で平成30年4月12日から4月30日までの期間限定販売しました。

 

 

手話サブレ おめでとう.jpg

 

当センターでは引き続き、手話サブレ「ありがとう」を販売しております。

 

1枚216円(税込み)です。1枚からでもOKです。数量によってはお時間をいただくかもしれませんが、よろしくお願いします。

 

サブレ+ありがとう⇒手話サブレ.jpg

 

【2019年11月追記】手話サブレは直接お渡しできる方(要相談/原則として秋田市内)にのみご注文を承りますので、よろしくお願い申し上げます。

 

2018-12-31 18:00:00

干支が亥(いのしし)となる2019年用の年賀郵便切手の図柄に秋田市に伝わる郷土玩具「八橋人形」の亥が採用されました。嬉しいですね♪

 

ところで手話をイラストにした切手はあるのでしょうか?

 

海外手話切手.jpg

 

海外では僅かにあるようですが、残念ながら日本郵便では発行されていないようです。

 

手話をイラストした切手を多くの人が使ってくれればそれもまた「手話の普及」につながります。「無いんだった作ればいい」というコンセプトのもと「手話でありがとう」の大型と花柄の2種類の手話切手シートを販売していましたが、

 

「ありがとう(花柄)」が完売しましたので販売を終了します。

 

82円切手 花柄.jpg

 (完売しました。お買い上げ、ありがとうございました。)

 

2019年10月の消費税増税に伴い郵便料金の改定が予想されますので、再作成はしないで「ありがとう(大型)」も在庫のみの販売とさせていただきます。

 

ありがとう(大型)も残り僅かとなりました。

無くなり次第終了となりますので、よろしくお願いします。

 

手話切手シート 82円(大柄).jpg

 

 

 なお「手話切手シート」は2019年10月以後にデザインを一新して、販売を開始する予定です(*^^*)

 

 

関連記事.jpg

 

2016-12-31/  手話切手シート 販売してます♪

 

 

通信販売 ここをクイック.jpg 

2018-12-31 17:00:00

2018年新入行員研修会.jpg

 

平成30年4月9日、北都銀行新入行員の皆様へ研修会での講師をさせていただきました。昨年に引き続き、聴覚障害や手話のことを知っていただく機会を設けていただいて北都銀行様にはとても感謝しております。

 

その中から今年新たにお話しした内容を中心にご紹介します。

 

自己紹介のあと、最初に「聞こえない人が来たらどのような配慮が必要か?」をグループディスカッションしていただきました。

 

2018-4-9 研修会全景.jpg

 

それぞれグループに分かれて真剣に考えられて3分という短い時間でも様々な意見や大切なことを回答されました。自分だったらどうするか?まずは考えることからが第一歩です。

 

それらを踏まえて、mami satoさん(昨年9月18日の講習会&WS「災害対応」の講師でろう者です。)のブログ「ねこちゃんねる」の記事から2つの事例を紹介しました。

  

「私がある歯医者をお気に入りになった理由」

 

「筆談は簡単にした方がもっと気楽に関係を作れるかな」

 

かつては手話そのものが差別の対象でしたので、手話の歴史も知っていただきたいと思いました。平成25年に全国で初めて手話言語条例が成立した鳥取県手話言語条例の附則から紹介しました。

 

鳥取条例 附則-1.jpg

 

平成29年4月1日に「秋田県手話言語、点字等の普及等による円滑な意思疎通の促進に関する条例」が施行されていることも紹介しました。手話言語条例は全国で広がり続け、4月6日までに178自治体で成立(全日本ろうあ連盟調べ)しています。

 

「京都市手話言語がつなぐ心豊かな共生社会を目指す条例」から、京都市が観光都市として「もてなしの心」を持ち、手話を必要とする観光旅行者などへの対応に取り組まれていることも紹介しました。

 

下の画像は仁・実さんの「耳が聞こえる人が基準の社会の中で」からコラムを紹介している様子です。

 

2018-4-9 研修会 仁さん.jpg

 

その他にも、耳が聞こえない人が感じている困りごとや、娘のエピソード、指文字や聴導犬などを紹介させていただきました。

 

最後にイラストや写真を見せながら「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」「はじめまして」などの基本的なあいさつの手話を紹介しました。

 

あいさつを覚えよう.jpg

 

はじめまして.jpg

 

栗田一歩様の作品「ようこそ」も使わせていただきました。「いらっしゃいませ」という手話にもなります。Sigb Lab.というサイトからたくさんの素敵な写真作品を発信されています。

 

いらっしゃいませ.jpg

 

研修会の様子はNHK、ABS、AKTでそれぞれニュースになり、新入行員の皆さんがあいさつなどの手話を覚えようとしている姿が映し出されました。

 

4月10日の秋田さきがけ新聞でも記事になりました。記事でも触れられていますが、北都銀行様では窓口でのコミュニケーションをよりスムーズにするツールとして「コミュニケーションボード」が全営業店に設置されています。

 

また本店営業部にはCOMUOON(コミューン:声が聞こえやすくなるスピーカーです)が設置されていて、ハード面とソフト面から聞こえのバリアフリーへの対応に取り組まれています。

 

北都銀行本店 コミューン.jpg

 (本店営業部に設置されているCOMUOON)

 

研修会には次の方から資料や画像を提供していただきました。この場を借りて感謝申し上げます。

 

mami satoさま(山形県)

栗田一歩さま(京都府)

Reem Mohamedさま(日本⇔エジプト)

仁・実さま(千葉県)

Y-SMILE.株式会社さま(広島県)

         【紹介順】

秋田県、鳥取県、京都市

 

この研修会が聴覚障害や手話への理解へつながる機会となってくれれば嬉しいです。そして手話をひとつでも覚えて使って「通じ合う」ことを体験して欲しいなぁと思います。私自身にとっても、貴重な機会となりました。ありがとうございました。

 

 

 

全通研秋田支部中央班様 講話会.jpg

 

全国手話通訳問題研究会(略称:全通研)秋田支部中央地域班様の7月6日の例会でお話しさせていただきました。

 

7月6日講演.jpg

 

全通研秋田支部様には手話講習会や昨年の講習会&ワークショップなどで手話通訳を依頼したり、スタッフとして協力いただいたりと大変お世話になっています。

 

個人的に交流のある方もいますが、今日は改めて手話に関わったり法人を設立したきっかけや活動コンセプト・活動内容等についてお話しさせていただきました。

 

7月6日の講演の様子.jpg

 

私は20代のとき手話を少し習っていたので、娘の耳が聞こえてないと分かった時、「手話で育てる」という方向付けは早かった方かもしれません。

 

「手話をやっても社会に出たら誰もやってくれないでしょ。」と仰っていた方もいました。子供が重度難聴のとき、多くの親が「人工内耳」を選択するのは世の流れなのでしょうが、私は手話で育て、そして手話を普及する活動を始めました。

 

法人は設立するよりも継続することが大変なので、協力していただきながらひとつひとつの活動を積み重ねていきたいと思っています。

 

ここ数日、娘の耳が聞こえないことを知った時からどう子育てしてきたか(浮かんでくるのは反省点ばかりですが(>_<))などを思い出しながら原稿を書いてました。

 

私自身も初心に返る貴重な機会になりました。ありがとうございました。

 

 

 

2018年 8月14日東京ヴェルディ手話講習会.jpg

 

2018年8月14日、今年も東京ヴェルディサッカースクールの子供たちに手話講習会を開催しました!(^^)!

 

 「第22回 AKITA花まるっCUP少年サッカー大会」が8月15日~8月17日に秋田市で開催されます。この大会のために遠征してくる子供たちとの交流も3年目になりました。エレファントサッカー少年団の子供たちも合流してくれて30名超の参加者で行うことが出来ました。続けて参加してくれた子供たちもいてとても嬉しいです。

 

今年は10歳になる娘を講師に、私が進行役という形で進めました。昨年、一昨年と教えてくれた方がとても上手で「好評だったよ」と言っていただいていたので比較されることへの不安もありましたが、娘も少しは手伝っていたので今年は思い切って1時間任せることにしました。

 

東京ヴェルディ手話講習会2018-1.jpg

 

始まってみれば、娘は私と違って人前でも物怖じしない性格で、堂々とやってくれましたよ(*^▽^*) 秋田に帰省中の菊地武実さん(ろう者)ご家族がサポートしてくださったので安心して進めることが出来ました。

 

事前に「何を教えたい?」と訊いたら「色」と答えられ、「いや、去年も色だったんだけど・・・」と思いながらも彼女なりのこだわりがあるんでしょうね。

 

赤、青、白、黒・・・と一通り教えた後、「好きな色は何色?」って子供たちに訊いて手話で表現してもらいました。「赤」という子がいた時、コーチから「緑じゃないんだ~(~_~;)」という声が聞こえ、その後は「緑」「緑」「緑」と続く一幕も。。

 

というわけで、今年の集合写真はチームカラーの「緑」の手話で撮りました(#^^#)

 

東京ヴェルディ手話講習会2018 集合写真-2.jpg

 

サプライズで東京ヴェルディのサイン入りのユニフォームをいただきした(@_@) サインはJ2でご活躍されているトップチームの選手たちにコーチが依頼してくれて書いていただいたもの。嬉しすぎます(*^^*) チームはJ1昇格を目指して奮闘中で、秋田から応援しています!!

 

東京ヴェルディ サイン入りユニフォーム.jpg

 

子供たちは好奇心旺盛で素直でとても楽しい手話講習会でした♪ 大会とともに秋田での思い出になってくれれば幸いです。娘も成長が見られて頑張りました!!企画してくださったコーチ、サポートしてくださった菊地さんご家族、何より参加してくれた子供たちに感謝しながら、今後も活動を続けていきたいと思っています(*^▽^*)

 

 

関連記事.jpg

 

東京ヴェルディサッカースクール手話講習会を開催しました♪

 

 

2018年 9月28日 杉の木園様研修会.jpg

 

2018年9月28日、秋田市の「杉の木園」様で「聴覚障害とバリアフリー」と題した研修会の講師をさせていただきました。

 

杉の木園様は「社会福祉法人 一羊会」様が運営する生活介護事業所で、職員向けに様々な研修会を行って日々スキルアップに励まれているそうです。

 

聴覚障がい者の利用者はいらっしゃらないそうですが、朝礼で「今日も一日よろしくお願いします」と手話を使っているとのこと(゚д゚)!

 

とても嬉しい取り組みですね(*^_^*)

 

2018-9-28 杉の木園様-研修会表紙.jpg

 

一括りに聴覚障害といっても必要な配慮は失聴の程度、時期、育ってきた環境、本人のアイデンティティによってもそれぞれ異なります。

 

また、聴覚障がい者に対するバリアフリーは、そもそも何がバリアーになっているのかが聴者には気づきにくいので、「視覚的情報が大切」だという事と「どう伝えるか、通じ合うか」ということをメインにお話しさせていただきました。

 

2018-9-26 杉の木園-研修会1.jpg

 

耳が聞こえていない娘を育てている中で感じたエピソードなどもお話しさせていただきました。子育ての中で気づいたことや分かったことが参考になれば幸いです。

 

2018-9-26 杉の木園-研修会2.jpg

 

もちろん、あいさつや自己紹介など基本的な手話も実践していただきました。

 

この研修会は職員のお仕事が終わってからだったので17:45から始まり18:50頃終了しました。お疲れのところだったと思いますが、熱心に聞いて頂けました。

 

私もとても楽しかったです。ありがとうございました(*'ω'*)

 

2018-12-31 14:00:00

薬師寺みちよ先生の講演会を開催しました♪.jpg

 

2018年9月8日、参議院議員の薬師寺みちよ先生を秋田市にお招きして「聴覚障がい児・者への支援とデフリンピックについて」と題した講演会を開催しました!(^^)!

 

2年前に安倍首相が国会にて「手話でうれしいと表現」の記事を見て薬師寺先生の活動を知りました。それからずっと薬師寺先生の素晴らしい活動を拝見していましたが、秋田にお招きすることが出来てとても嬉しいです。

 

3人の小さな法人の身の丈を超える企画ですので、全国手話通訳問題研究会秋田支部様から4名をスタッフとして応援していただきました。ご来賓は7名、手話通訳・要約筆記者(計7名)は秋田市から派遣していただき、一般参加者は60名で合計81名での開催となりました。

 

講演会 あいさつ.jpg

 

薬師寺先生のご紹介のあと、ご来賓の7名をご紹介しました。

 

一般社団法人秋田県医師会 会長 小玉 弘之 様

一般社団法人秋田市医師会 会長 松岡 一志 様

 

*「秋田県手話言語、点字等の普及等による円滑な意思疎通の促進に関する条例」の制定に有志議員としてご尽力くださった県議会議員もお招きしました(五十音順)。

 

秋田県議会議員 北林 康司 様

秋田県議会議員 佐藤賢一郎 様

秋田県議会議員 竹下 博英 様

 

行政からは

秋田県健康福祉部 次長 佐々木  薫 様

秋田市福祉保健部障がい福祉課 課長 菅原  健明 様

 

ご来賓を代表して小玉弘之様(画像左)と松岡一志様(画像右)からご挨拶を賜りました。

 

ご来賓ご挨拶.jpg

 

お二人からは今後の方向性としてとても有難いお言葉を頂戴しました。

 

この講演会の目的は当事者だけではなく議員や医療関係者や行政関係者など多くの人を巻き込んで聴覚障害や手話のことをもっと知っていただく機会にすることだったので、とても励みになりました。

 

講演会 電話リレーサービス.jpg

 

第一部では「聴覚障がい児・者への支援について」講演していただきました。

 

「制度を創る」より難しい事として「文化を変える事」だと仰られ、まだまだ多くの課題があると改めて思いました。

 

情報保障のために必要なものとして、電話リレーサービス・NET119・特殊な手話通訳・リカレント教育などについてお話しされました

 

全国各地で手話言語条例が成立していますが、「三ツ境南口商店街」「埼玉県三芳町」「埼玉県飯能市」「兵庫県明石市」などの取り組み事例を紹介していただきました。飯能市は条例がないにもかかわらず様々な取組をしていること、明石市は市長自ら取り組まれていてリーダーシップを取られていることなどが参考になりました。

 

9月8日講演会 2部-2.jpg

 

休憩をはさんで第二部では「デフリンピックについて」を講演していただきました。

 

昨年トルコで開催されたデフリンピックがとても盛り上がっていたこと、トルコ国民の受け入れ方などが素晴らしくて日本も見習うことがたくさんあると思いました。

 

ろう者のオリンピックであるデフリンピックは2025年日本招致に向けて動いています。各競技でそれぞれご活躍されている選手、これからの課題などをお話ししてくださいました。

 

講演会 全景.jpg

 

とても素敵な講演会で、主催者として贅沢な時間を過ごさせていただきました。講師の薬師寺みちよ先生、お疲れ様でした。ご来賓・スタッフ・手話通訳・要約筆記者そしてご参加くださった皆様に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

*この講演会の模様は当日のAKT秋田テレビ「FNNプライムニュース あきた」(17:30~17:55)で報道されました。ただ残念ながらまだ会場の後片付けをしていたので見ることが出来ませんでした(>_<)

 

後日、この講演会への想いを投稿されていますので、薬師寺みちよ参議院議員のFacebook(H30/9/14)から転載してご紹介します。

 

薬師寺みちよ参議院議員のFBより 演説付.jpg

 

9月8日、手話秋田普及センターのお誘いを受け、講演にまいりました。

 

演題は「聴覚障がい児・者への支援とデフリンピックについて」。

 

「手話の素晴らしさを広めるお手伝いできれば」と考え、私なりの「想い」をお話いたしました。

 

この講演は、センターの代表理事 中島奈津子さんとFBを通じて友達になったことがきっかけです。

 

中島さんの活動は、銀行に手話コーナーを設ける、手話カレンダーを病院へ配布する、講演活動を展開なさる等幅広いものです。地域の皆さまの手話に触れる機会が少しでも増えるようにと、日々奔走していらっしゃいます。

 

中島さんの活動は、少しずつ実りの時を迎えていらっしゃる様です。

 

会場にも多くの協力者の皆さまが集まってくださいました。

 

手話言語条例制定に向けご尽力いただいた県議会議員の皆さま、医師会の皆さま、手話通訳研究会の皆さま

 

お話しを伺っても、御一人御一人が手話と向き合い、その普及の必要性を御認識いただいていることには驚きでした。

 

ただの社交辞令ではございません。

 

きっと秋田の手話言語条例は、今後ますます内容が充実されることでしょう。

 

多くの皆さまとの触れ合いは私のエネルギーでもございます。

 

今後も皆さまのご地元へ足を運ぶこともあるでしょう。その際には、是非皆さまの生の声(手話)を聞かせていただきたいと思います。

 

薬師寺先生 似顔絵(デフリンピック).jpg

 

---(Spcilal Thanks 薬師寺みちよ参議院議員)---

 

<告知記事です>

 

9月8日に、薬師寺みちよ参議院議員を秋田にお招きして「聴覚障がい児・者への支援とデフリンピックについて」と題して講演会を開催します。

 

8月25日の秋田さきがけ新聞でも「聴覚障害者支援 理解を深めよう」のタイトルで告知していただきました。

 

情報保障は手話通訳と要約筆記だけの予定でしたが、参加者のご要望により、ヒアリングループも設置することになりました。秋田県難聴者・中途失聴者協会様よりご協力いただきます。ありがとうございました。

 

日   時:9月8日(土)15時~17時(開場14:40)

 

場   所:秋田拠点センターアルヴェ2F(秋田市東通仲町4-1/JR秋田駅東口)

 

入 場 料:無料ですが、事前にお申込みください。

 

定   員:80名(定員になり次第締め切ります)

 

情報保障:手話通訳、要約筆記、ヒアリングループ、つきます。

 

薬師寺先生はろう者から手話を学び、平成28年10月13日の参議院予算委員会の質疑で手話を取り入れました。安倍首相が「うれしい」と手話で返したことをニュースで知り、その時からのFBで交流させていただいています。

 

薬師寺みちよ 予算委員会2.jpg

 

聴覚障害や手話、障がい者スポーツについてとても理解があり、国会内外においてとてもご活躍されています。その素晴らしい活動内容の一部は、薬師寺先生のFBから転載してホームページで紹介させていただいています。

 

有難いことに9月の「だれでもできる社会活動カレンダー」で9月8日の薬師寺みちよ先生の講演会がイチオシ!!として紹介されました(*^▽^*)

 

だれでもできる社会活動カレンダー 9月.jpg

 

<拡大したのはこちら↓>

 

だれでもできる社会活動カレンダー 抜粋.jpg

 

多くの人に知っていただきたくて企画した講演会ですので、こうして紹介していただけるのはとても嬉しいですね(*^▽^*)

 

当センターが作製した講演会の告知チラシはこちらです。

 

HP告知用 08-21.jpg

 

 

関連記事.jpg

 

薬師寺みちよ参議院議員のFBより

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10