インフォメーション

2016-12-31 14:00:00

手話で伝えられる手話サブレ-60.jpg

 

手話秋田普及センターでは「手話で気持ちを伝えられたら」と思い、昨年から手話くっきーやバウムクーヘンを商品化しました(7/4で販売を終了しています。)が、平成28年7月5日より新商品「手話サブレ」の販売を開始しました。

 

新商品のコンセプトは「秋田を代表する製菓店に作っていただくこと」でした。

 

製造を依頼した製菓店は「秋田菓子宗家 かおる堂」様です。

 

かおる堂 商品.jpg  

 

かおる堂様には私が大好きなカオルサブレという商品があります。このカオルサブレに私が描いた「手話でありがとう」のイラストをプリントして、商品化しようと思いました。サンプルが出来て、娘に試食してもらった時の感想です♪

 

娘のイラスト おいしい.jpg

 

 

こうして「手話サブレ(ありがとう)」が商品化され、平成28年7月5日から販売を開始することが出来ました!(^^)!

 

 

サブレ+ありがとう⇒手話サブレ.jpg

 

 

当センターは専業主婦だった私とサラリーマンの夫(秋田県聴覚障がい児を持つ親の会 副会長)が手話の普及を目的に設立した法人です。小さな法人ではありますが、手話に関連した商品によって「手話に関心を持つきっかけになれば」とてもうれしいです。平成28年7月6日の秋田さきがけ新聞でも記事になりました♪ 

 

さきがけ 手話サブレ.jpg

 <秋田魁新報社許可 160708-083号>

 

8月までの期間限定でですが、かおる堂様のご厚意で手話サブレのPRになるようにと、かおる堂大町店様と由利本荘店様でも販売していただきました。

  

oomachiten[1].jpg かおる堂大町店様

 

秋田市大町四丁目 赤れんが郷土館通り TEL018-823-8377㈹ FAX018-864-5854

 

honjouten[1].jpg かおる堂由利本荘店様

 

由利本荘市美倉町交差点角 TEL0184-23-3731 FAX0184-22-6699

 

 

また手話サブレ(ありがとう)だけではなく、秋田を代表する夏祭り”竿燈まつり”に合わせて、7月下旬から手話サブレ(竿燈バージョン)も期間限定で販売しました。

 

手話サブレ 竿燈バージョン.jpg

 

 

両店での手話サブレの売上金額の2割は2017年版手話カレンダーの事業費に充てるため募金箱も置いていただきました。両店ともレジの横の一番目立つ場所に手話サブレを置いていただいて、とてもありがたく思っています。

 

かおる堂 募金ありがとう.jpg

 

いただいた募金額は2店舗で合わせて14,535円でした。かおる堂様をはじめ募金にご協力してくださった皆様には心よりお礼を申し上げます。ありがとうございました。全額手話カレンダーの事業費に使わせていただきました。

 

当初は手話カレンダーを1,000部の予定でしたが、1,200部作製しました。昨年以上に多くの場所に掲示して手話の普及につなげたいと考えております。

今後とも当センターの事業にご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

手話サブレは当センターで通信販売によるご注文を承りますので、よろしくお願い申し上げます。  

 

手話サブレ ありがとう(白).jpg 

 

通信販売 ここをクイック.jpg