インフォメーション

2018-02-18 10:00:00

当センターが北都銀行様で開催しているロビー展には志方弥公様の絵(印刷物)や本(きせきのいのち)が展示されています。

 

志方様は独学で絵画制作を始め、渋谷の東急東横店内の踊り場や東急プラザ銀座「HINKARINKA」三階などを手掛けたプロの壁画家です。2017年は「ドイツアートワインラベルコンペ」を受賞されるなど、ご活躍中です。

 

志方弥公 夢のなる木展示 外旭川支店.jpg

(北都銀行外旭川支店様開催時の画像)

 

 

2月27日から3月11日にかけて志方様の個展が兵庫県神戸市のポートピアギャラリーにて開催されます。ぜひ原画で色彩の素晴らしさをお楽しみください。 

 

 

神戸個展.jpg

 

 

志方弥公 プロフィール.jpg

 (北都銀行様での展示用に送ってくださったプロフィール)

 

 

詳細につきましてはこちらから↓

志方弥公 バナー.jpg

(Special thanks 志方弥公様)

2018-02-12 14:30:00

広島県のY-SMILE.株式会社様が2月25日(日)にゼミナールを開催しますので、ご案内します。

 

個人が手話の普及を目的に法人を設立するなら、非営利法人である「一般社団法人」や「NPO法人」が一般的だと思います。ですが山口夫妻はあえて営利法人としてY-SMILE.株式会社を設立しました。それにはお二人の手話や福祉に対する強い思いが込められています。

 

以下、Y-SMILE.株式会社様のHPから転載して、ご案内させていただきます。

 

 

好評のY-SMILE.ゼミナール、2018年も開催します!
場所はCLiPHIROSHIMA 2階 ナレッジルーム

今回も、しゃちょさんとあずみんの豪華二本立て!(*´∀`*)ノ

前半(13:30~)はしゃちょさん担当☆
「なぜY-SMILE.を作ったか?」を、あつ~く語る90分!
  ・安定職を捨ててまでなぜ株式会社を作ったか!
  ・この業種でなぜ株式?
  ・不安や怖さはなかったのか?
  ・身寄りの無い広島市に来た理由?
  ・しゃちょさん自身の経験
など他にも色々話します
起業したいけど怖いな!と言う方、何かの参考になるかも知れませんよ(^_^)
松岡〇造さんくらい熱いかもしれません(笑)

後半(15:15~)はあずみん担当☆
「聞こえるってどゆこと?」をテーマに、身の回りにどれだけ音があるかを掘り下げます♪
難聴者体験、関わり方レクチャー、カンタンな手話をみんなでやってみるなど盛りだくさんの90分!

場所:CLiPHIROSHIMA 2階ナレッジルーム
参加費:5,400円(前半のみ、もしくは後半のみの参加は3,240円)
駐車場無料

定員:20名

当日参加もオッケーですが、事前にお申し込みいただけると大変助かります♪
 

 

 

2月 ゼミナール.jpg

 

 

 (詳細やお申込みはこちらから↓)

Y-SMILE.jpg

(Special Thanks Y-SMILE.株式会社様)

2018-02-11 10:00:00

当ホームページには同じ秋田県内の方から「手話を覚えたいのだけどどこでやっているの?」というお問い合わせをよくいただきます。

 

とくに「日中は仕事なので平日の夜」を希望される方が多いですね。

 

当センターでは手話講座は行っていないので、講座や手話サークル等の情報につきましては秋田県聴覚障者支援センター様にお尋ねしてくださればと思います。

 

秋田県聴覚障害者支援センター.jpg

 

 

また初心者向けとしては、秋田カルチャースクール駅前校(秋田市中通2-8-1 フォンテAKITA 7F)で行われている「やさしい手話」という講座が行われています。許可をいただきましたので、秋田カルチャースクール様のホームページより転載します。

 

 

【講座名】やさしい手話

 

【講師名】秋田県聴力障害者協会理事 加藤薫 氏

 

【曜日・時間】毎週火曜日 18:30~20:00

 

【受講料(税込)】4,320円

 

【教材費(税込)】 教材費別途

 

【持ち物】筆記用具・テキスト代1,200円

 

【入会金】永久会員制・3,240円 *70歳以上の方は入会金無料

     (何講座でも受講できます。)

 

【ご案内】3ヶ月分の前納制です。

     受講料・教材費は特に明記がなければ月額表示しております。

     講座によっては、材料代や教具代が別途必要になることがあります。

     また、運営維持費をいただきます。

     入会・受講申し込みのお手続きは、店頭にて承ります。

     詳しくは、入会と受講のご案内をご覧ください。

 

*ご予約・お問合せ

 018-884-5611 (平日10:00~20:00、土日10:00~18:00)

 

 

秋田カルチャースクール様のホームページはこちらです。

秋田カルチャースクール.jpg

 

詳細につきましては上記ホームページ等をご確認の上、直接「秋田カルチャースクール様(018-884-5611)」までお問合せくださるようお願い申し上げます。

2018-02-10 08:30:00

秋田県では平成29年4月1日に「秋田県手話言語・意思疎通支援条例(略称)」が施行されています。その取り組みのひとつとして、昨年10月から県内各地で秋田県主催の手話教室が開催されています。

 

2月28日(水)は大仙会場(仙北地域振興局福祉環境部 大仙保健所内)で開催されます。参加費は無料ですが、事前のお申込みが必要です。あいさつや自己紹介など初心者向けの内容ですので、多くの方にご参加いただければうれしいです。

  

秋田県主催手話教室 大仙市.jpg

  

秋田県主催手話教室 大仙市-裏面.jpg 

  

pdfファイルはこちらpdf 秋田県主催・手話教室 大仙開催のご案内.pdf(0.82MB)

 

2018-02-07 16:00:00

薬師寺みちよ参議院議員が2月4日に札幌市で講演されました。LLCみらいねっと様主催です。その様子をFBから転載してご紹介します。

 

  

薬師寺みちよ参議院議員のFBより 演説付.jpg

 

2月4日、今日は札幌で講演です。

 

FBの友人、大寺まゆみさんが企画してくださった講演会の演題は「デフリンピック日本招致と手話言語法・手話言語条例とは?」

 

私も50枚近いスライドを作成し、皆さまに生の情報をお届けしようと張り切っておりました。トルコで開催された「デフリンピック」の素晴らしさ、そして障がいが日常に受け入れられている国民性、デフリンピックを通して見えてきた社会情勢などのお話しをさせていただきました。

 

デフリンピックのためにトルコでも国際手話通訳やトルコ手話の研修が行われた事からも、日本でデフリンピックを開催することによってろう者への理解が進み手話が広まっていくことは間違いありません。スポーツの力を借りて、心のバリアフリーを形成する、それがデフリンピックの真の役割とも思えます。

 

また、手話言語法や条例については、ろうあ連盟さんとは少し違う角度からお話しさせていただきました。全国の地方議会や自治体からも相談・情報をいただくことも多く、素晴らしい試みもこの様な場で披露させていただきたいと思っておりました。

 

手話言語条例も中身に地域性が必要であり、現在もそれぞれに特徴があること。

 

「困ってるので何とかして」と丸投げするのではなく、何が困っていて何をサポートして欲しいのか明確に示すことが重要であること。

 

国・都道府県・市町村、それぞれ役割が違い、適切な所へ相談に行く必要があること。

 

また、条例制定がスタートラインであり、そこから予算を取り中身を実行するまで責任を持たねばならぬこと。さらに実行可能性の高い条例とするためにも、ろう者が自ら行動し、聴者を巻き込んだ展開が必要であること。

 

さらに、埼玉県みよし町の「広報みよし」のARによる動画、埼玉県飯能市の電話リレーサービス等の支援策について、三ツ境南口商店街の筆談サービス等、具体的な事例もご紹介いたしました。

 

私の持っている様々な情報を皆さまと共有するスタイルでお話しさせていただきました。 外の寒さなど何処へ行ったのか? 会場から様々なご意見・ご質問もいただき、時間を延長し終了となりました。

 

ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

少しでも何かを感じていただければ幸いです。

 

 

札幌講演 雪だるま.jpg

(Special Thanks 薬師寺みちよ参議院議員&LLCみらいねっと様)

 

 

<講演会の紹介記事です。>

 

当センターのHPでもたびたびFBから転載させていただいている薬師寺みちよ参議院議員。聴覚障害や手話に深く関わってくださっている素敵な議員さんです。

 

LLCみらいねっと様主催で薬師寺議員の講演会が2月4日に札幌市で開催されますのでご紹介します。代表の大寺まゆみさんとはFBで交流させていただいています。

 

『手話のないところに手話を』

 

2015年12月、大寺さんは「LLCみらいねっと」を立ち上げ、手話の普及に取り組まれ、ご活躍されています。大寺さんの起業への思いやその行動力が素晴らしくていつも勇気をいただいていました。

 

以下、LLCみらいねっとFacebook(12/16)から転載した紹介文とチラシです。

--------------------------------------------------------------------- 

 

デフリンピックをご存知でしょうか?

 

パラリンピックは知っていても、デフリンピックの認知度はまだまだ低いのが現状です。デフリンピックとは聴覚障がい者の総合スポーツ競技大会で4年に1度世界規模で行われており夏季大会・冬季大会があります。

 

弊社では、2018年4月の札幌市手話言語条例(仮称)施行に合わせてこの度

参議院議員 薬師寺みちよ氏

お招きして2017年7月18~30日にトルコ・サムスン市で開催された第23回夏季デフリンピック視察と手話言語条例・手話言語法について講演会を開催いたします。

 

薬師寺みちよ氏は 自ら手話を学び、デフリンピック日本招致活動など手話普及に尽力されておられる方です。

 

現在、全国97自治体(道内13自治体)で手話言語条例が制定されておりますが手話言語条例施行後、街はどう変わったのか?

 

そもそも手話言語条例とは何なのか?

私たちが出来ることは何なのか?

何をしていくべきなのか?

 

聴こえない方はもちろんですが、聴こえない障がい、手話のことを知らない一般市民の方々に興味を持ち、広く知っていただく機会になればと考えております。

 

入場無料ですので気軽に足をお運び、ご聴講下さいませ。 

 

 

LLCみらいねっと 講演会.jpg

【後援】  札幌市・札幌市教育委員会

 

 

*お申込・お問い合わせはLLCみらいねっと事務局までお願い申し上げます。

電話&FAX 011-791-9680 メール lovechild-at@orion.ocn.ne.jp

 

 

HPはこちらから→みらいねっと手話教室・札幌

 

FBはこちらから→合同会社みらいねっと Facebook 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...