インフォメーション

2020-08-17 09:00:00

見えない障害を考える-2020-表題.jpg

 

手話秋田普及センターでは、昨年に引き続き「見えない・見えにくい障害」をテーマに2回の講演会と冊子配布事業を行います。

 

「一般財団法人 秋田県教育関係職員互助会助成事業」です。

 

第4回 見えない障害を考える講演会.jpg

 

第4回の講演会の講師はNPO法人インフォメーションギャップバスター代表の伊藤芳浩氏です。

 

聴覚障がい児・者と聴者の間にある「見えないバリア」をテーマに、コミュニケーションの壁や専門的な手話通訳の重要性についてお話しいただきます。

 

*感染状況その他諸事情により、第3回同様、リモートによる講演(講師は来秋せず、参加者には会場で大型スクリーンを見ていただきます)に変更しました。

 

参加者の皆様には後日「参加要項」等でお知らせします。ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

 

第4回 見えない障害を考える講演会-締め切りました.jpg

 

☆講師プロフィール☆

 

☆伊藤 芳浩氏

 

神奈川県。IT系企業勤務。

NPO法人インフォメーションギャップバスター代表。

1970年岐阜県生まれ。

生まれつき耳が聞こえない。

 

大学在学中に、車いすの団体や聞こえない学生の団体での活動を通じて、周りに存在している弱い立場の人を支えることが豊かな社会づくりにつながることを認識し、現在の活動につながっている。

6年間の電話リレーサービス普及活動が実り、21021年度より国が公的リレーサービスとして開始予定。

主にコミュニケーション問題を扱った100件以上の講演実績あり。

他、TV(NHK)出演、新聞各紙掲載(朝日新聞「ひと」など)あり。

 

☆定員になりましたので、締め切らせていただだきました。

 

新型コロナ感染症対策のため、参加者を25名(昨年は同会場で50名)までとしました。

 

 

関連記事.jpg

 

第3回「見えない障害を考える講演会」を開催しました♪

 

「十人十色~見えない障害を考える 2019~」講演会&冊子配布事業♪