インフォメーション

2020-06-23 13:00:00

見えない障害を考える-2020-表題.jpg

 

手話秋田普及センターでは、昨年に引き続き「見えない・見えにくい障害」をテーマに2回の講演会と冊子配布事業を行います。

 

「一般財団法人 秋田県教育関係職員互助会助成事業」です。

 

第3回 見えない障害を考える講演会.jpg

 

第3回の講演会は弁護士の藤木和子様をお招きして、「気づきにくい本人以外の「当事者」~きょうだい・家族~とは?」がテーマです。

 

第3回 見えない障害を考える講演会HP.jpg

 

☆講師プロフィール☆

 

☆藤木 和子氏(弁護士、東京都)

 

”聞こえない弟”がいる”聞こえる姉”として育つ。

聞こえないきょうだいをもつSODAソーダ&家族の会代表。

全国障害者とともに歩む兄弟姉妹の会本部、シブコト障害者のきょうだいのためのサイト共同運営。

 

20代で「きょうだい」という言葉に出会ったのが転機となる。きょうだい、、ヤングケアラーを含む家族支援に取り組み、公私にわたり障害児者、家族、支援者に多く関わる。

筑波技術大学非常勤講師(聴覚障害学生に法律を講義)

高松手話通訳弁護団、全国優生保護法被害弁護団。

NHK、AmebaTV出演、新聞各紙に掲載。

全国で講演多数。

 

★安心してご参加いただけるよう、新型コロナ対策に取り組んだうえで開催します。そのため、参加者を25名までとさせていただきました。

(昨年は同会場で50名定員で実施しました。)

 

★定員に達しましたので、締め切らせていただきました!お申込み、ありがとうございました。

 

 

関連記事.jpg

 

「十人十色~見えない障害を考える 2019~」講演会&冊子配布事業♪

 

講演会の開催にあたって~(対策その1)厚生労働省のHPより