インフォメーション

2020-06-07 11:30:00

手話秋田普及センターでは、7月19日と9月26日に「見えない障害を考える講演会」の開催を予定しています。

 

開催に際しましては、安全を第一に、新型コロナウィルス感染症の対策を出来る限り徹底します。

 

そのために、「多くの人に知ってもらい・考えていただきたい」と思って企画・準備してきたのでとても心苦しいのですが、

 

①参加者を50名から25名に減らす

 

②ご来賓は招かない

 

ことにさせていただきました。

 

会場は80名程度まで可能な広さですが、スタッフ、講師、情報保障者、参加者それぞれの距離を確保するためです。

 

また、厚生労働省のホームページ(外部リンク⇓)で新型コロナウィルス感染症の予防がご紹介されています。

 

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00094.html?fbclid=IwAR31rBX_9UvpC0v7oTM1cYL8l203jtyfzDilmMoGMKk9sDvTi8h4GLURCx8#pictogram

 

*厚生労働省のホームページ(感染予防策のピクトグラムより)

 

感染予防策のピクトグラム.jpg

 

他にも多方面から情報を収集し、様々な対策を参考にしながら進めていきたいと思っています。

 

ただ今、講演会の参加者を募集していますが、お申込みが必要です。

 

お申込み受付け後に受付番号と、後日になりますが感染対策等を記載した「要請事項等」をご案内いたしますので、よろしくお願い申し上げます。

 

 

関連記事.jpg

 

第3回「見えない障害を考える講演会」のご案内