インフォメーション

2018-06-17 09:40:00

6月10日に大阪で開催された全日本ろうあ者大会で「デフリンピック日本招致に関わる特別決議」が行われ、会場において承認されたそうです。

 

昨年7月、トルコでデフリンピックが開催されました。日本ではパラリンピックに比べて知名度は少ないですが、もし日本で開催出来たらとても素晴らしいことです。

 

全日本ろうあ者大会に参加された薬師寺みちよ参議院議員が、FB(H30/611)で日本招致についての思いを述べられていますので、転載してご紹介します。

 

薬師寺みちよ参議院議員のFBより 演説付.jpg

 

6月10日に開催された全日本ろうあ者大会において、「デフリンピック日本招致に関わる特別決議」が行われ、会場において承認されました!

 

これで、「2025年デフリンピック日本招致活動」が本格的に始まります。日本で初めてのデフリンピック開催に、会場中のきらめく拍手が高く高くあがりました。

 

今後、開催地はじめ、費用負担のあり方や支援体制の構築など検討事項も多く、国会でも議員連盟ワーキングチームで情報共有しながら進めていかねばなりません。

 

私も昨年開会式に参加したトルコサムスンのデフリンピックは、規模・費用共に過去最高のデフリンピックであったと評されております。開会式の会場も溢れんばかりの人人人・・・ ボランティアも手話で会話することに楽しみを見いだしている様で、選手を見かけると積極的にコミュニケーションをとっていました。

 

町に繰り出せば選手はヒーロー。 一緒に写真をとってほしいと子供たちが集まってまいります。

 

それと同じ状態を日本でも造りだしたいのです。 日本手話・国際手話等の研修も行わねばなりません。市民の皆様にも手話に興味を持っていただき世界中から集まってくるろう者への理解を深めてもらわねばなりません。

 

そのためのツールも作成せねばなりません。 来年には正式にICSD国際ろう者スポーツ委員会へ手を上げる事になります。音の無い中で戦う彼らの素晴らしさを1人でも多くの方に届けたい。宣言を聴き、ぎゅっと手を握りしめ、天を仰ぎました。

 

招致活動も、皆様の協力なしでは実現できません。少しずつ確実に前進出来るように、私も全力を尽くしてまいります!

 

デフリンピック 開会式会場で-2.jpg

(2017年7月 デフリンピック開会式にて)

 

デフリンピック 開会式会場.jpg

(2017年7月 デフリンピック会場) Special Thanks 薬師寺みちよ参議院議員