インフォメーション

2019-06-15 11:30:00

薬師寺みちよ先生は手話や聴覚障害にもっとも理解があり、国会内外でも大活躍されている参議院議員で、障がい者スポーツの普及にもご尽力されています。

 

6月9日に日本福祉大学美浜校のオープンキャンパスに行った様子を薬師寺みちよ参議院議員のFacebook(2019/6/12)から以下、転載してご紹介します。

 

薬師寺みちよ参議院議員のFBより 演説付.jpg

 

ようこそスポーツ科学部へ.jpg

 

9日、日本福祉大学美浜校のオープンキャンパスに行ってまいりました。

 

こちらの大学はスポーツ科学部があり、障がい者スポーツのアスリートやサポートするスタッフの育成にも力を入れてくださっているのです。

 

最新の機器を揃えた体育館では、バトミントン、ボッチャ等の演技披露もございました。

 

デフバドミントンは元デフリンピアンの秋山雅彦選手が競技や大会の説明を行ってくださいました。

 

今日は愛知県内の聾学校の生徒さんもオープンキャンパスに参加してくださったとのこと。

 

この様に障がい学生に対しても手厚いサポートをしてくださる大学が増えてくることで、彼らの将来の選択肢も増えてくることでしょう。

 

いえ、それだけではございません。この様な機会をもっと活かすことが出来れば、きっと10年後20年後の日本の姿は変わっていることでしょう。

 

その期待を胸に、オープンキャンパスを楽しませていただきました。

 

オープンキャンパス バドミントン.jpg

(Special thanks 薬師寺みちよ参議院議員)