インフォメーション

2019-05-24 09:00:00

薬師寺みちよ先生は手話や聴覚障害にもっとも理解があり、国会内外でも大活躍されている参議院議員です。2018年9月には当センター主催で「聴覚障がい児・者への支援とデフリンピック」をテーマに講演をしてくださいました。

 

薬師寺議員は「みんなの党」が解党されてから無所属で議員活動をされてきましたが、このたび自民党へ入党されるそうです。その思いを述べられていますので、薬師寺みちよ参議院議員のFacebook(2019/5/18)から以下、転載してご紹介します。

 

薬師寺みちよ参議院議員のFBより 演説付.jpg

 

支援者の皆様へ

 

平素より『薬師寺みちよ』に対し、格別のご支援を賜り、衷心より厚く御礼申し上げます。

 

本日、自由民主党衆議院愛知県第二区公認候補予定者となりましたことを、ここに御報告させて頂きます。

 

6年前の夏、参議院議員選挙において旧みんなの党から立候補し、34万7,411票を頂戴し初当選致しました。投票して頂いた皆様への感謝は忘れることは出来ません。一寸先は闇の政界の中で旧みんなの党が1年足らずで解党してしまいました。それからは『良いものは良い、悪いものは悪い』と言う是々非々の信念のもと一貫して無所属としての活動を続けてまいりました。

 

次第に私が掲げる政策を応援いただける方が増え、気が付けばその輪は全国に広がっておりました。皆様の御支援を頂くことで歩むべき道が明確になり』自分にしか出来ない政策』を追及する日々が始まりました。今日までその姿勢を貫き通すことができたのは、支援者の皆様、政策立案にご協力頂いた方々、ボランティアスタッフ、身近で支えてくれた家族と秘書、その全ての皆様のお力があったことで前に進むことが出来ました。本当に本当に感謝しております。

 

専門分野の医療、介護、産業保健に加え、障がい者福祉、障がい者スポーツの分野で多くの成果をあげることが出来ました。しかし、これらの政策を実現できた陰には、私の政策に賛同頂き応援頂いた自民党議員の皆様の協力がありました。どんなに正しいことを主張しても、政策は一人では実現できません。

 

任期満了となるこの1年、私の政策を実現する為には、どうすれば良いのか考えた結果、自由民主党に入り新たなステージで新たな挑戦をする決断を致しました。

 

この決断に至ったことを現在、大変多くの皆様からご支持を頂いていることに感謝致しております。

 

しかし、全ての皆様に私の決断を支持して頂けないかもしれません。これからの薬師寺みちよの政治姿勢を見て、これまでの政治スタイルを変えることなく歩み続けていく中で、一人でも多くの方々にご理解いただける様に尽してまいりたいと思います。

 

不器用な私でございますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

3月25日 薬師寺先生質疑-ありがとう.jpg

(Special thanks 薬師寺みちよ参議院議員:2019/3/25 参議院予算委員会で手話の挨拶を覚えようと呼び掛けられ、イラストが使われました♪)