インフォメーション

2019-03-31 15:00:00

3月25日、薬師寺みちよ参議院議員が参議院予算委員会にて「簡単な手話でもいいんです。みんなで使ってやさしい社会に」と呼び掛けられました。その時のパネルには、私が描いたイラストを使ってくださいました(*´▽`*)

 

3月25日 薬師寺先生質疑-ありがとう.jpg

 

私もNHK中継を拝見しましたが、とても素晴らしい質疑内容でした!(^^)! 安倍首相が返礼されたり反響も大きかったようです。以下、薬師寺みちよ参議院議員のFB(3/27)から転載してご紹介します。

 

薬師寺みちよ参議院議員のFBより 演説付.jpg

 

3月25日、予算委員会集中審議(安倍内閣の基本姿勢)

 

今日は、6年間の任期で最後のテレビ入りになるかもしれません。 以前より訴え続けてきたことの総括と思い、

 

1.適切な医療を今後も享受するための普及・啓発

 

2.障害・病に対する支援を、行政の縦割りを廃し、人を中心とした切れ目無い支援に変えるべきではないのか

 

3.NHKの予算委員会放送への字幕付与を一刻も早く実現して欲しい

 

4.リアルタイムでの字幕には限界があるため、参議院のインターネット審議中継に事後でもよいので字幕をつけて欲しい。

 

5.手話で会話することで優しい社会を目指して欲しいが総理の考えは

 

以上の5点の質疑を行いました。

 

手話の部分については後に詳しくご報告させていただきます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1.必ずしも医療目的でなく病院の処方を利用するようなことが、社会全体として適切な医療を受けられなくなる可能性にもつながることについて、国民の理解を喚起してほしいがいかがか。

 

(内閣総理大臣)

・少子高齢化の進展や疾病構造が大きく変化する中で、国民皆保険を維持し、持続可能な医療制度を実現していくためには、国、地方自治体、医療提供者の取組だけではなく、医療全体を支えるシステムに対する国民の理解が欠かせないと考えている。

 

・予防、健康づくりに対する保険者のインセンティブの強化によって、国民一人一人が健康維持増進に関心を持ち、健康寿命を延ばしていくとともに、給付と負担の見直しにより医療保険制度の持続可能性を確保することに加えて、医療従事者、国民双方のメリットにつながる上手な医療の在り方のために必要な情報提供や適切な医療の選択をサポートする取組などを進めている。

 

・多剤投与あるいは重複受診等々、今までも様々な課題があり、取り組んできたところだが、人生百年時代を見据えた改革を進めるためにも、社会保障、医療の現状についての国民の積極的な情報提供や普及啓発を通じて、国民自らが改革に参画している意識醸成を進めてまいりたい。

 

2.障害を持ったり、病を得たりすることがペナルティとなる社会ではいけない。縦割り行政による継ぎ接ぎの支援ではなく、普通に生活できる社会を構築することに努めていただきたいがいかがか

 

(内閣総理大臣)

・ライフステージに応じた切れ目のない支援を提供することで、障害のある方が活躍することのできる社会を築いていくことが重要である。

 

・通学や通勤の支援については、特別支援学校などに就学する場合の通学費の支援や、あるいは事業主が障害者の通勤支援を行った際の助成など、これまでも様々な施策を講じてきたところ。

 

・障害者総合支援法に基づく地域生活支援事業は多様な事業に活用可能であり、地域によっては、関係機関の連携の下、障害のある方の通学や通勤の支援を行っている事例もあると聞いている。厚生労働省が今年度から実施している実態把握のための事業も活用し、まずはこうした取組の共有を図ることとしたい。

 

・政府としては、厚生労働省や文部科学省など関係省庁はもとより、国と地方が相互に連携しながら、各省庁の縦割りを排し、また国と地方というこの壁も取り去り、障害のある方がバリアなく安心して通勤通学できるように総合的な施策に取り組んでいきたい、また各ライフステージにおい てこの支援をしていきたいと考えている。

 

3.点字ブロックというものがあるが、参議院議員会館の中にはない。これは、国会が障害者差別解消法の適用除外であるためにこのように鈍感になっているのではないか。我々の名前や部屋の番号の点字表示も見当たらない。以前よりお願いしている、予算委員会のNHK中継に字幕を付与すべきではないか。

 

(上田NHK会長)

・国会中継に関しては、事前の取材などにより正確さを高いレベルで確保できるだけの準備が可能だと判断した場合に字幕を付与しており、昨年、2018年10月の臨時国会では、所信表明演説や代表質問に字幕を付与し、今の国会でも政府演説、代表質問に字幕を付与した。これに対し、聴覚障害がある方を含む視聴者から好意的な反響を寄せられた一方で、字幕の誤りを指摘する声も寄せられた。

 

・高いレベルで正確さを確保するよう努めているが、聞き取りにくい言葉を字幕でうまく表示できないなど、誤りを完全になくすことは難しく、正確に字幕が付与できる状況は限定的だと認識している。とりわけ、委員会のように発言があらかじめ想定しづらい場合には、正確な字幕付与はより難しくなる。

 

今後も、正確性、公平性を損なわず、国会審議の放送に字幕を付与できる条件が整う場合については実施できるように努めてまいりたい。

 

4.参議院のインターネット審議中継に字幕を付与することはできないのか。

 

(参議院事務総長)

・現在の参議院インターネット審議中継に字幕は付与されていないが、字幕を付与することは、聴覚障害者や高齢者の方にとって、国会審議の情報を得るための手段の一つとして有用であることは認識している。ただ、字幕を付与した場合の中継映像を一般に公開するときには、誤変換や、公式な記録である会議録との関係が問題になり得ると考えている。また、仮に音声認識システム等を利用した字幕表示システムを導入する場合には、多額の費用が必要となる。

 

・インターネット審議中継における聴覚障害者や高齢者の方への配慮については、各会派の御協議を踏まえて対応してまいりたい。

 

5.簡単な手話について、国会の中でも広げていく必要があると考えているが、総理の意見をうかがいたい。

 

(内閣総理大臣)

・指摘のとおりであり、そういうところから始めていくことがバリアをなくしていくことにつながっていくのだろうとおもう。

 

・ありがとうございました(手話)。

 

3月25日 薬師寺先生質疑.jpg

(平成31年3月25日参議院予算委員会 Special thanks 薬師寺みちよ参議院議員)

 

【追記です】薬師寺みちよ参議院議員からパネルを譲っていただきました!(^^)! 4/2から北都銀行様のロビー展で展示しています。ぜひ、ご覧ください♪

 

2019-03-31 11:00:00

秋田市広報広聴課から2月17日放送のABS「わがまち大好き秋田市長」に出演した時の写真とDVDが届きましたので、番組での内容をご紹介します。

 

秋田市では2018年4月1日に「秋田市障がいのある人もない人も共に生きるまちづくり条例」が施行されました。秋田市が目指す「共生する社会」の実現に向けた取り組みとして、当センターの活動を取り上げていただきました。

 

事前収録は1月に、番組収録は2月7日に秋田市役所6Fで行われました。

 

番組では最初に手話カレンダーをご紹介いただき「手話を知らない方が興味を持つきっかけになればと思って作製した」ことをお話ししました。

 

わがまち大好き秋田市長-手話カレンダー.jpg

 

続いて事前収録していた北都銀行様の営業店を巡回しているロビー展(川元支店様で開催時)の様子と、娘と手話で会話している様子が流れました。

 

そして穂積秋田市長から「市民の皆さんも簡単な手話を覚えていただきたいですね。林さん、コミュニケーションの基本である、挨拶と感謝の手話をやってみませんか。」と林ABSアナウンサーに語りかけられました。「こんにちは」と「ありがとう」の手話表現の動作を私が説明しながら3人で一緒にやってみました。穂積市長は前の日に練習されていたそうで、嬉しかったですね。

 

わがまち大好き秋田市長-ありがとう.jpg

 

最後に「英語のHelloのように、手話の挨拶なら誰での知っている世の中にしたいですね。」と活動の目標を言わせていただきました。そして「ありがとう」と手話で締めくくりました。

 

収録後、穂積志秋田市長とABS秋田放送の林さくらアナウンサーと「秋田」の手話で写真を撮っていただきました♪

 

穂積市長と秋田.jpg

 

もう一枚、穂積市長に手話カレンダーを持って撮っていただきました。嬉しいことに市長室に貼ってくださるそうです(*´▽`*)

 

穂積市長と手話カレンダー.jpg

 

番組出演は緊張しましたが、活動への思いを伝える貴重な機会をいただきました。ありがとうございました。

 

2019-03-23 09:30:00

NPO法人インフォメーションギャップバスター様では「電話リレーサービス」の普及啓発活動をされています。

 

『電話リレーサービスとは、きこえない・きこえにくい人ときこえる人を、オペレーターが “手話や文字” と “音声” を通訳することにより、電話で即時双方向につなぐサービスです。世界では  25ヶ国以上で、既に公的サービス化しているのに、日本では未だ公的サービスになっていません。』

(同HPより引用)

 

これまで担当が福祉(厚労省)なのか通信(総務省)なのかも曖昧でしたが、2018年11月7日に薬師寺みちよ参議院議員が国会で質問されて、安倍首相が「総務省総合通信基盤局が担当する」と返答され前進しています。

 

「電話リレーサービス」が公的サービスとなるためには、聞こえる・聞こえないにかかわらず多くの人にその必要性を知っていただく必要があります。

 

当センターではインフォメーションギャップバスター様から普及啓発のためのパンフレットを預かっていて、配布・周知に協力させていただいております。

 

市民活動フェスタ2019-展示ブース正面 パンフレット紹介.jpg

(2019/3/3 市民活動フェスタ2019にて)

 

パンフレットの内容を以下、NPO法人インフォメーションギャップバスター様のHPから転載してご紹介します。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

電話リレーサービス パンフ表紙.jpg

 

電話リレーサービス パンフ2-3P.jpg

 

HP-電話リレーサービス パンフ4-5P.jpg

 

HP-電話リレーサービス パンフ6-7P.jpg

 

電話リレーサービス パンフ裏表紙.jpg

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

詳細につきましてはNPO法人インフォメーションギャップバスター様のHPをご覧ください。HPはこちらから↓

 

インフォメーションギャップバスターHP>>電話リレーサービスとは

 

 

関連記事.jpg

 

2019-01-03/  電話リレーサービス学習会のお知らせ

 

2018-12-29/  薬師寺みちよ参議院議員のFBより「電話リレーサービス」普及推進

 

2019-03-19 22:00:00

薬師寺みちよ先生は今国会でも大活躍されている参議院議員です。

 

3月5日の国会での質疑内容を薬師寺みちよ参議院議員のFacebook(2019/3/8)から以下、転載してご紹介します。

 

薬師寺みちよ参議院議員のFBより 演説付.jpg

 

3月5日、いよいよ参議院日、来年度予算案の審議がまいりました。

 

今日は基本的質疑です。

 

テレビ入りの予定でしたが、時間が押してしまい、私の出番は夜8時近くになってしまいました。そのためNHKも夜12時からの放送となりました。

 

今日のテーマは「ケアラー」

 

日本語の「介護者」とは違う「ケアラー」という概念。

 

様々な角度から議論してみました。以下、概要をお示しいたします。 (手話で頑張ってみたのですが、いつも通りに気持ちが先走ってしまいました。お見苦しい点もあったかと思いますが、お許しくださいませ)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1.ケアラーという言葉を知っているか。彼らが置かれている状況を理解しているか。(安倍内閣総理大臣)

 

①ケアラーとは、無償で介護等のケアをする人であると承知している。NPO法人が行った調査によれば、ケアを行うことで睡眠の中断、自由時間の制約、趣味やボランティア活動等の社会活動の減少に加え、心の不調や孤独感を感じているという状況にあると承知している。

 

2.いまも10万人が介護離職していることについてどのように感じているか。(厚生労働大臣)

 

①2020年代初頭までに約50万人分の介護の受け皿整備や相談支援の強化等、取組を推進している。 ②処遇改善や就業促進、職場環境の改善による離職の防止、人材育成の支援をしている。 ③働く方が離職せずに仕事と介護を両立できるように、育児・介護休業法に基づく介護休業等の周知徹底など、職場環境の整備にも取り組んでいる。 ④家族の介護により離職を余儀なくされた方に対しては、ハローワークにおいて個々の求職者の実情に応じたきめ細かな職業相談、職業紹介を実施している。

 

3.退職前の予防をお願いしたい。(厚生労働大臣)

 

①育児・介護休業法があるので、介護休業などの周知徹底など、職場環境の整備が大事だと考えている。

 

4.ヤングケアラーの問題について、文部科学省ではどのように受け止めているか。(文部科学大臣)

 

①小中学校あるいは高等学校など学校現場において、家族の中にケアを要する方がおり、その世話や介護などを担っている児童生徒がいることは承知している。 ②網羅的な調査は行っていないが、例えばスクールソーシャルワーカーやスクールカウンセラー活用事業の実践事例については毎年度報告があり、例えばスクールソーシャルワーカーがおばあちゃんの介護や家事を担う生徒の相談を受けて、生活保護担当のケースワーカーと連携して介護保険の導入などの支援を行ったりした事例があるというように承知している。 ③スクールソーシャルワーカーを活用するなどして関係機関による支援につなげるということが私どもの課題であるし、そういうことをしっかりと進めていきたいと考えている。

 

5.厚生労働省で始まった調査であるが、文部科学省でも協力いただきたいがいかがか。(文部科学大臣)

 

①厚生労働省の実態調査の結果も踏まえ、厚生労働省とも連携してこうした児童生徒に係る事例について具体例も含めて把握する。 ②全国の教育相談の担当者が出席する会議などにおいてしっかりと共有することにより、本当にこういうが事例ないのかということのアンテナを張っていくなど、きめ細かい対応をしっかりと進めていきたい。

 

6.もう一言!(文部科学大臣)。

 

①例えば、いじめや児童虐待など、二十四時間子供SOSダイヤルやSNSなどを活用した相談など様々な相談窓口が今設置をされているが、こういった事柄を通じて児童生徒が必要な支援を受けられるようにしっかりと相談体制の整備に努めたい。 ②具体的にどのような調査、対応が必要かということについて厚生労働省としっかりと打合せをしていきたい。

 

7.障害者の家族の問題について。介護者が自分の人生を生きられるための施策というものを充実させていただきたいがいかがか。(厚生労働大臣)。

 

①障害のある家族がいる場合、自分の家族を介護するのが使命だと思い、仕事や勉強などを我慢する、あるいは冠婚葬祭を始めとする社会的な活動を何もかも我慢して、自分の人生を犠牲にしてまで介護を行わなければならないという思いを持たれている方もいる。 ②障害児支援策の中では、子供の障害を受け止め、前向きに捉えることができるようにするとともに、自分が独りぼっちで子育てをしているのではないことを実感し、保護者が子供に向き合うゆとりと自信を回復することを目指している。 ③障害者本人のみならず家族の負担軽減等の支援も重要であるとの認識の下に、児童発達支援、放課後等デイサービスなどの障害児サービスのメニューの充実、普及、これらのサービスにおいて、子育て等の悩みを保護者が自分だけで抱え込まないための相談対応、子供の育ちを支える力を付けるための家庭内養育支援といった支援、また、これらのサービスを中心に、自治体、学校、医療機関等の関係機関が連携して支援を行うことによる家族の孤立防止という取組を実施している。 ④こうしたサービスについての周知を徹底し、必要なサービスメニューを適切に利用していただく ことで、障害のある子供を持つ親や兄弟姉妹も自分自身の人生を生きることができるようにより一層尽力していきたい。

 

8.厚生労働省は初めてマニュアルを作成したが、しっかりと法律にしていくべきではないか。(内閣総理大臣)

 

①要介護者自身がデイサービスやショートステイなどの各種サービスを活用することは、こうした 家族内の介護を担っていただいている方にとってレスパイトケアとしての側面や他の生活との両立が可能となるといった側面があり、こうした在宅介護サービスの拡充を図っている。 ②加えて、介護を行う方本人に着目した支援も重要であることから、昨年度、市町村や地域包括支援センター向けの家族介護者支援の充実を図るためのマニュアルを作成し、全国に周知をしたところ。 ③家族介護者への支援については、社会全体で要介護者とその家族を支えていく機運の醸成を図るとともに、それに向けてどういった対応が考えられるか、よく研究させてみたい。

 

9.消費税増税分をケアラーのために使ってほしいが、いかがか。(内閣総理大臣)

 

①我が国の介護保険制度では、適切な介護サービスの提供によって介護者本人への支援を行うとともに、家族など介護を行う方の負担軽減を図っている。 ②具体的には、消費税財源を活用した地域医療介護総合確保基金により介護サービスの受皿整備を図っているほか、家族介護支援等も含めた地域支援事業の費用は介護保険制度の中で賄われており、これらの充実を通じて、家族など介護を行う方への支援を図っていきたい。

 

H31年3月5日 国会にて.jpg

(Spcilal Thanks 薬師寺みちよ参議院議員)

 

2019-03-17 15:00:00

茨城県筑西市では2018年9月27日に「筑西市手話言語条例」が成立しました。全国で195番目です。

 

そして筑西市手話言語条例の施行に伴い、筑西市では普及啓発用のパンフレット(10ページ)を作成されました。

 

筑西市 条例パンフレット表紙.jpg

 

なんと嬉しいことに私の描いたイラストが9ページ目で使われています(@_@)

 

パンフレット イラスト.jpg

 

筑西市で開催された平成29年度の手話講座のテキストにイラストが使われ、それからの繋がりです。

 

手話の普及を目的に描いているイラストがこういう形で広がって行くのはとても嬉しいですね(*^_^*)

 

 

関連記事.jpg

 

2017-12-31/  茨城県筑西市の手話講座のテキストの表紙になりました♪

 

1 2