インフォメーション

2018-02-25 09:30:00

秋田県聴覚障害者支援センター様主催で『第2回ふれあいまつり』が3月24日(土)に開催されます。 

 

開催日時:平成30年3月24日(土)10:30から15:00ころまで

開催場所:秋田県社会福祉会館2階 展示ホールほか(秋田市旭北栄町1-5)

申込み不要で、参加費は無料です。

 

どなたでもご自由に参加できますので、ぜひご参加ください。

※「なるべく公共交通機関をご利用ください。」とのことです。 

 

 

第2回 ふれあいまつり.jpg

 

 

*お問合わせ等は秋田県聴覚障害者支援センター様へお願い申し上げます。  

秋田県聴覚障害者支援センター.jpg

 

2018-02-18 14:00:00

薬師寺みちよ参議院議員が2月16日に開催された全日本ろうあ連盟主催の「電話通信サービスのユニバーサル化を考える大学習会」に参加されました。

その思いを薬師寺みちよ参議院のFB(2/17)から転載してご紹介します。

 

 薬師寺みちよ参議院議員のFBより 演説付.jpg

 

 

2月16日、全日本ろうあ連盟主催の「電話通信サービスのユニバーサル化を考える大学習会」に参加し、勉強してまいりました。

 

電話リレーサービスの24時間365日無料化については、私も「こだわり」がございます。厚労省は電話リレーサービスの予算を来年度は8倍にして、福祉サービスの充実を図ります。しかし、電話リレーサービスを「福祉」の中で考えことの限界もあるのです。

 

電話リレーサービスは、聴覚や言語に障がいがある皆さまのためのツールなのでしょうか?そうであれば「福祉」で事足ります。

 

しかし、私は、電話リレーサービスは皆の物だと思うのです。障がいがある無しに関係なく、皆で使えるサービスにしていかねば本来の通信の役割を果たせません。

 

電話」の本来の役割を「電話リレーサービス」が担うためにも、公共サービスでなくてはならないのです。福祉サービスであれば健聴者が使用できません。そして仕事上の使用にも制限が出てまいります。緊急時等の電話リレーサービスのルール化を進めるためにも、通信行政を管轄している総務省にも重い腰を上げてもらわねばなりません。

 

今後、公共サービスとして電話リレーサービスを整備できれば、さらにその活用の幅が広がるはずなのです。高齢化により誰しもが聴力の衰えを迎えます。その時にも声と文字でやり取りできれば、間違いは少なくなるはずです。聴こえないからとしり込みすることも少なくなるでしょう。

 

日本財団が、羽田や筑波技術大学へご提供いただいております「手話フォン」。公衆電話の一部が「手話フォン」に置き換わるべきではとの問題提起もいただきました。街並みの一部に手話フォンが設置される、素敵だと思いませんか?

 

「福祉」と「公共サービス」の融合と連携をどの様に制度設計していくのか、皆さまとも意見交換しながら進めてまいりたいと思います。

 

2020年、ここが一つのゴールです。このゴールに向かって加速してまいりたいと思います。

 

 

電話リレーサービス 学習会.jpg

(Special Thanks 薬師寺みちよ参議院議員) 

2018-02-18 10:00:00

当センターが北都銀行様で開催しているロビー展には志方弥公様の絵(印刷物)や本(きせきのいのち)が展示されています。

 

志方様は独学で絵画制作を始め、渋谷の東急東横店内の踊り場や東急プラザ銀座「HINKARINKA」三階などを手掛けたプロの壁画家です。2017年は「ドイツアートワインラベルコンペ」を受賞されるなど、ご活躍中です。

 

志方弥公 夢のなる木展示 外旭川支店.jpg

(北都銀行外旭川支店様開催時の画像)

 

 

2月27日から3月11日にかけて志方様の個展が兵庫県神戸市のポートピアギャラリーにて開催されます。ぜひ原画で色彩の素晴らしさをお楽しみください。 

 

 

神戸個展.jpg

 

 

志方弥公 プロフィール.jpg

 (北都銀行様での展示用に送ってくださったプロフィール)

 

 

詳細につきましてはこちらから↓

志方弥公 バナー.jpg

(Special thanks 志方弥公様)

2018-02-12 14:30:00

広島県のY-SMILE.株式会社様が2月25日(日)にゼミナールを開催しますので、ご案内します。

 

個人が手話の普及を目的に法人を設立するなら、非営利法人である「一般社団法人」や「NPO法人」が一般的だと思います。ですが山口夫妻はあえて営利法人としてY-SMILE.株式会社を設立しました。それにはお二人の手話や福祉に対する強い思いが込められています。

 

以下、Y-SMILE.株式会社様のHPから転載して、ご案内させていただきます。

 

 

好評のY-SMILE.ゼミナール、2018年も開催します!
場所はCLiPHIROSHIMA 2階 ナレッジルーム

今回も、しゃちょさんとあずみんの豪華二本立て!(*´∀`*)ノ

前半(13:30~)はしゃちょさん担当☆
「なぜY-SMILE.を作ったか?」を、あつ~く語る90分!
  ・安定職を捨ててまでなぜ株式会社を作ったか!
  ・この業種でなぜ株式?
  ・不安や怖さはなかったのか?
  ・身寄りの無い広島市に来た理由?
  ・しゃちょさん自身の経験
など他にも色々話します
起業したいけど怖いな!と言う方、何かの参考になるかも知れませんよ(^_^)
松岡〇造さんくらい熱いかもしれません(笑)

後半(15:15~)はあずみん担当☆
「聞こえるってどゆこと?」をテーマに、身の回りにどれだけ音があるかを掘り下げます♪
難聴者体験、関わり方レクチャー、カンタンな手話をみんなでやってみるなど盛りだくさんの90分!

場所:CLiPHIROSHIMA 2階ナレッジルーム
参加費:5,400円(前半のみ、もしくは後半のみの参加は3,240円)
駐車場無料

定員:20名

当日参加もオッケーですが、事前にお申し込みいただけると大変助かります♪
 

 

 

2月 ゼミナール.jpg

 

 

 (詳細やお申込みはこちらから↓)

Y-SMILE.jpg

(Special Thanks Y-SMILE.株式会社様)

2018-02-11 10:00:00

当ホームページには同じ秋田県内の方から「手話を覚えたいのだけどどこでやっているの?」というお問い合わせをよくいただきます。

 

とくに「日中は仕事なので平日の夜」を希望される方が多いですね。

 

当センターでは手話講座は行っていないので、講座や手話サークル等の情報につきましては秋田県聴覚障者支援センター様にお尋ねしてくださればと思います。

 

秋田県聴覚障害者支援センター.jpg

 

 

また初心者向けとしては、秋田カルチャースクール駅前校(秋田市中通2-8-1 フォンテAKITA 7F)で行われている「やさしい手話」という講座が行われています。許可をいただきましたので、秋田カルチャースクール様のホームページより転載します。

 

 

【講座名】やさしい手話

 

【講師名】秋田県聴力障害者協会理事 加藤薫 氏

 

【曜日・時間】毎週火曜日 18:30~20:00

 

【受講料(税込)】4,320円

 

【教材費(税込)】 教材費別途

 

【持ち物】筆記用具・テキスト代1,200円

 

【入会金】永久会員制・3,240円 *70歳以上の方は入会金無料

     (何講座でも受講できます。)

 

【ご案内】3ヶ月分の前納制です。

     受講料・教材費は特に明記がなければ月額表示しております。

     講座によっては、材料代や教具代が別途必要になることがあります。

     また、運営維持費をいただきます。

     入会・受講申し込みのお手続きは、店頭にて承ります。

     詳しくは、入会と受講のご案内をご覧ください。

 

*ご予約・お問合せ

 018-884-5611 (平日10:00~20:00、土日10:00~18:00)

 

 

秋田カルチャースクール様のホームページはこちらです。

秋田カルチャースクール.jpg

 

詳細につきましては上記ホームページ等をご確認の上、直接「秋田カルチャースクール様(018-884-5611)」までお問合せくださるようお願い申し上げます。

1 2