インフォメーション

2016-12-30 02:00:00

長野県にお住まいの綿貫彩さんのfacebookの3/2付「小学校~中学校時代のこと。」というご自身の体験談が、私自身も勉強になりましたし、多くの方に読んで欲しいと思いました。転載の許可をいただきましたので、紹介させていただきます。

 

 

綿貫彩さんのコラム.jpg

  

小学校~中学時代のこと。

==================================

親や先生は、私の聞こえに対して「会話が出来るなら大丈夫」「家では全く困っていません」と話していたそうだ。学校生活においても「聞こえているから、特別な配慮は必要ない」としていた。

 

小学校・中学校で、私に与えられていた『サポート』は下記の通り。

 


■一番前の席に座る
■聞こえなかった言葉があったら、先生に訊き返す
■音読や教科書を読んだりしているときは、隣の席の子が教科書を指で指す
■発言・意見を言う時はFM補聴器付属のマイクを持つ(中学~)

 

しかし、先生や親の認識とは裏腹に、学校生活においてこのようにいくつかのサポートが付いていたにも関わらず、実際には学校生活についてで書いたように、私は学校生活のなかでたくさんの壁にぶつかっていた。

 

なぜ、このようなことが起こるのか


何度か書いたが、私は自分の聞こえを理解していなかった。


周囲の大人から「困ったことはある?」「きこえないことはない?」と訊かれても、「音が聞こえる」=「聞こえている」と思っていた私は、「大丈夫」「困っていない」としか言いようがなかった。それを聞いて先生も親も、こちらの言う事は理解できているし、本人が「大丈夫」というのならその通りなのだろう―と思っていたようだ。


「音は聞こえているのに言葉を理解することができない」ということを、小学生中学生だった私は、どう説明したらいいのかわからなかったのだ。

 

それに関してはエピソードがある。


教室での授業は読書や落書きで自分の世界に入り浸り、体育では自分勝手な行動と取られても仕方ないことをして注意ばかり受けている私に「なぜこんなことをするのか」と訊いてきた先生がいた。
「授業が聞こえないから」と答えると、「先生の言っていることはわかるか?」と訊く。質問の意図がつかめない、不思議な気分で「わかります」と言うと「聞こえてるじゃないか!それはね、もっと頑張って聞いてやっていかないと」と言われたことがあった。


母に「きこえなくてみんなと同時に○○が出来なかったんだ」と言うと「みんなは聞こえてるのに、あなただけ聞こえないのはおかしいよね。努力がたりないね」と言われたこともある。

私はそれらの言葉に対し、納得するしかなかった。


「自分の努力が足りないんだ」


「こんなに頑張っても、理解が出来ない自分はダメな人間なんだ」


失敗を重ねていくたびに、自己肯定感が失われていった。

 

中軽度難聴児を地域の学校に通わせるにあたり、同様のケースはよく耳にする。周囲の大人も、聴覚障害児本人も「聞こえている」と思っているのだ。
しかし、実際には「聞こえていない」。その様子は、集団生活に溶け込めない・授業に対する理解力が上がらない・忘れ物をよくするなどという、目に見える形で顕著に表れる。

 

このことで、誰が一番困るのか。

 

―他の誰でもない聴覚障害児本人である。にもかかわらず、学校生活における失敗・学力低下は「本人の努力が足りない」とみられ、大人も本人も「本人が・僕が頑張るしかないよね」という結論にたどりついてしまう。

 

私の経験したのは、まさにそういうことだったのではないかと、大人になって思う。

 

友人関係については、一対一ならまだましも、複数人であつまって遊ぶという場面では、とにかくコミュニケーションが難しかった。


とくに、小学校・中学校では全く聞こえない左側、あるいは背後から声をかけたが反応しなかった私に対し「あやちゃんが無視する」と先生に話し、私はそれについて先生から注意を受けるということもあった。私が遊びに入ろうとすると「やっぱりやめた」と解散してしまうことが何度もあった。


先ほど書いたように他の子とはズレた行動をすることが多かったので、「あいつはちょっと変わった子」として見られていたと思う。

 

先に私に与えられた「サポート」を書きだしたが、それらは主に教室内のみで行われており、体育・音楽・社会見学・校長講話・芸術鑑賞・児童生徒総会・委員会の場では行われなかった。当然その場で話されている内容・セリフなど、全く解るはずもない。そういった事もあり、聞こえる子であれば学校生活を他の児童生徒と同じように経験し、感情を共有していくはずが、わたしはますます遠ざかっていってしまった。

 

このレポートを書くにあたって、依頼してくださった支援者の方に頂いた質問の中に「周囲の人に『私はきこえない』と言えなかったのはなぜか?」というものがあった。

 

「言えなかった」のではない。

 

私は小学校時代、幾度となく先生や母親に対し「きこえなかった」「きこえない」「わからない」と言っていた。


周りの大人や同級生は信じてくれなかった。


本当に聞こえていないという事に気づいてくれなかった。


「キミは他の子よりもたくさん努力して、ようやく人と同じスタートラインに立つことができる」と、先生から事のあるごとに言われていた。

 

私は、「わたしは耳がきこえない」と話す事を許されない環境に置かれていたのかもしれない。

 

■自分で工夫したこと

 

「もう一度繰り返してください」

 

授業中や学級活動中、聞き取れなかった部分があったら先生、またはクラスメイトに対し「もう一度言ってください」と言って、繰り返し話してもらっていた。
その都度、授業や学級活動の「時間」が止まり、教室は私と話者だけの世界に包まれた。
不思議なことで、その時は「書いてくださいと言う」という考えがなかった。


わかるまで、何度も何度も繰り返し話者に訊いた。


クラスメイトの発言や委員会の連絡の時は、「もう一度言ってください」「もう一度言ってください」と、クラスメイトの話者の子を立たせたまま繰り返し訊いていたため、とうとうその子が泣き出してしまったという事があった。
「もう止めなさい」と先生に止められて、結局話は解らずじまいの時もあった。

 

私も「自分が情報を得る大切な手段」として「もう一度言ってください」と言っていたし、周りの大人からもそういう風に「解るまで訊きなさい」と言われていたので、泣かれた時と先生に止められた時は腑に落ちなかったのを覚えている。


「もう一度言ってください」と何度も何度も言っても、話している内容が全く理解できない時はイライラしたし、とても疲れた。
先生には言い続けていたが、児童生徒に対してはわからなくても言わないようにする方がいいのだろう、と学習した。

 

板書をただノートに写す

 

黒板に書かれていた文字をノートに書き写していた。(国語・社会)
板書を写すのみで、勉強を理解できていたのかというと、そんなことはなかった。板書をノートに書いている=勉強しているというイメージでやっていた。
先生に授業中あてられることが無いように、下を向いてノートに鉛筆を走らせる振りをしていた。

みんながどんな雰囲気なのか、知ることも出来なかった。

 

教科書を読む順番

 

国語を中心に、一人ひとりが音読や教科書に書いてある内容を立って読むときは、先生が「出席番号順」「座席の順番」「一段落ずつ」「○ページまで」というのをとにかく集中して聞き取り、読む人の顔を確認し、顔をしっかりと見ると不審に思われるので、口の形・肩が上下するのを見て、他の子の読み始め・読み終わりを確認しながら、自分が読む番を待っていた。

 

「授業なんかもういいわ」

 

話の内容も勉強の内容も理解できない授業は、もう自分には関係ないとしてその時間は漢字検定の勉強をしたり、英単語を暗記、または社会の問題集を暗記したりしていた。(主に社会・実験の無いときに限り理科)
中学3年生のとき、これではいけないと気が付き授業が終わった後に教科の先生のところへ行き質問するように心がけた。


ただ、質問しに職員室の先生のところに行ったのは良いが、まず一番に授業中どんなことをしたのかということから訊かないといけないほど、自分はどこが理解できていなかったのかもわからなかった。そのため思うように勉強が進まなかった。(数学・理科)

 

音楽※合唱・合奏

 

口を適当にパクパクさせて歌っている振り・楽器を演奏している振り(太鼓だったらバチを太鼓の音が出ないように上下に振る・リコーダーは吹かないで指で穴を適当にふさいだり)
近くの同級生の背中の上がり下がりをヒントに太鼓をたたく真似をしたり、見ないふりをしながら視界に入る手の動きをヒントにリコーダーの指を操ったりしていた。とにかく、みんなと同じように見える、ということを徹底して心がけていた。

 

体育※ルールのあるスポーツ

 

さまざまなスポーツのルールが書いてある体育の教科書を、あらかじめ何度も何度も読んだ。その競技専門の用語があり理解できなかったので、実際は意味があまり無かったが、とにかく教科書を読んでルール・反則を覚えようとしていた。

 

いくつかあげたが、大人になった今見返すと全くもって意味のない工夫だったな、と思う。


「間違いを犯さないように」「怒られないように」「へんな目で見られることのないように」と、自分の聞こえなさを見た目でカモフラージュしよう、それだけを考えてやっていた。
もっとしっかりと、先生や周りの同級生に質問して、きちんと授業の内容や学級活動について確認・理解していく必要があった。


しかし、いざ質問したところで「なぜいまさら」「なぜこんなこと解らないのか」と思われ軽蔑され馬鹿にされると思いこんでいたため、出来なかった。


「きこえない」と言えなかった分、「きこえている振り」をしなければいけないと思っていた。その上での「工夫」であった。

 

私がやってきた工夫。これは反面教師として、絶対やってはいけない悪い例として捉えていただきたい。

 

学校生活を普通の子どもとしてカモフラージュ出来るが、実際学力も上がったためしがないし、授業を聞いて理解する権利を放棄してまで暗記した英単語も問題集も大人になった今では全く頭に入っていない。

 

それなのに、この「工夫」の中には努力がたくさん見えてくる。


私は親からも先生からも「みんなと同じになるよう努力しろ」と言われていたが、こんな形の努力は、はたして将来のためになるだろうか。

==========================

 

綿貫彩さん、貴重なお話をありがとうございました。